塗装のあれこれ|仙台市宮城野区の外壁塗装・住まいの塗替え職人・トップテクサービス

塗装のあれこれ

塗装について

塗装についてちょっと詳しくお教えします

この素材にはこの塗料!と決まっているのか。

 素材により専用下地材(シーラー、プライマー)が決まっており、その適切な処理が長持ちの秘訣です。なぜなら下地の塗りは上塗り材の密着性を高めたり、素地を強固にさせたりする役割をもつためです。また、その処理が完成度を左右させます。どうせ見えないのだから安いものでいい、なんでもいいというような業者さんは要注意です。

色見本と実際塗った場合の見た目はどれほど違いがあるのか。

 塗装箇所や表面の凸凹の有り無し、日の当たり加減、影や雨天等で見え方はかなり違って見えます。凸凹であれば突出している箇所の方が光が多く当たるので明るく見えます。そういった状況・環境を含めて考えることが必要で、色見本と全く同じ色だと思ってしまうと塗装後に「思った色と違う」となってしまいます。また、カラーシミュレーションというものを扱っている業者さんもいると思いますが、PC上でのお色となるのでやはりこれも近似色になるということを理解していただければと思います。
 お色はお家の印象を決めるのにとても重要ですので、曖昧に決めてしまわずにしっかりと相談しましょう。ご納得いただけるまで当社の担当も尽力いたします。どうしても実際の色を確かめたい!と思う方は、希望の色を塗ったお家があれば見せてもらえないか聞いてみましょう。必ず見られるわけではないですが、まずは業者に相談してみるのが良いと思います。

壁張りはどのようなものなのか

 壁貼りとは、既存の建物(外壁)にボードを直接貼り付けるものです。外壁ボードは既存の外壁はそのままに、新たに壁を貼り付けることによって断熱効果が期待できたり、様々な柄を自由に選んだりすることができます。塗装に比べて費用は高くなりますが、外壁に柄がありますとお洒落な雰囲気も出ますので、塗装では物足りないなあと思っている方はぜひ壁張りも検討してみてはいかがでしょうか。
 ただ、壁張りでも塗装でもやはり数十年経てばメンテナンスをしなくてはいけません。方法は、①塗装をする、②新しいボードに張り替える、の2点です。①の場合、安価で済みますが柄をそのまま出そうとするとクリアー塗装(透明な塗料)となってしまい、ひび割れ等の補修は行っても補修跡などが目立ってしまう場合があります。②の場合、既存のボードを剥がす費用、新しいボードを張り付ける費用、シーリングの費用、と初めて外壁ボードを取り付けた時よりも費用が嵩んでしまいます。

悪徳業者の見分け方

 まず価格が安すぎるのは怪しいと思っていただいて結構です。なぜ、安いのか。通常3回塗りのところが2回しか塗らない、ある程度の厚みが必要なのに薄―く塗って塗料使用缶数を減らしている、よくわからない塗料を使う、経験がない又は浅い素人を雇って何の指導もなく塗らせている、保証がない、など必ず安い理由があります。また、良いことばかり言う業者や、他社を物凄く落とす業者、価格が高すぎる業者もあまり信用できないと思います。
 言葉遣いが丁寧だから、親切そうに見えるから、と言った理由で契約を決めてしまわずに、どういう会社なのか、今までの実績はあるのか等考える要素を増やすことが大切です。

手塗り以外の方法となぜその手法を使うのか。

 基本は手塗りで、ローラーや刷毛を使って美しく仕上げます。しかし、吹き付けと呼ばれるスプレーのようなもので塗る場合もあります。理由は、メーカー推奨の施工法での仕上りの出来です。吹き付けは手塗りと同様とても技術のいるものであり、手塗りじゃないなら簡単でしょ!手塗りじゃないなんて手抜きだ!と思っている方が多いのが現状でとても残念なのですが、実はそうではないんです。手塗りができないもの(手塗りしても吹き付けより仕上がりが劣ってしまうもの)が何かと言いますと、ゴマ模様等の多彩色のものです。ローラーでの施工ができないわけではないのですが、仕上がりに誇りをもつプロ集団は、「何の道具を使い、どうやれば仕上がりが良くなるか」を常に意識して作業しています。そのため必ずしも手塗りじゃないといけない!というような考えは持たずに、この場合は吹き付けの方が綺麗に仕上がる!又は吹き付けでなければならない仕上がりというのを分かった上でその手法で作業します。

塗料はどんな種類があって何が違うのか。

 塗料の種類はアクリル、ウレタン、シリコン、フッ素、無機、と樹脂成分の配合によって分類されています。上記の種類は右にいくほどグレードが高いものとなり、無機に関しては最上級グレードで、塗るタイル等言われるほど高耐候とされています。
 一般住宅に関して現在ではシリコン塗料が最もスタンダードな塗料となっています。価格も比較的安価で、ウレタン等に比べ耐久年数が長いことがその理由です。フッ素、無機塗料はシリコンより更に耐候年数が高く、耐熱性があるものや汚れが落ちやすい等の性能が加わり更に良質な塗料となっており、その分価格も高くなっています。

塗装せずにいた場合の起こりうる被害

 「凍害」という言葉は聞いたことがありますでしょうか。農作物関連では聞いたことがある方は多いと思いますが、実は建物でも凍害という現象が起こります。外壁における凍害とは寒冷地において、コンクリートに含まれる水分が凍結・融解を繰り返して水分が膨張することで、コンクリート表面から次第に劣化していく現象のことです。手入れされていない建物で、外壁のコンクリートがごそっと落ちているのを見たことがないでしょうか。外壁がボロボロと剥がれており、台風が来たら倒壊してしまうのではないか?と思うような建物です。経年劣化によって塗膜の効果が失われ、外壁内部に雨水が侵入してしまい外壁材が湿気を含み、気温が下がると凍結し、素材が膨張と縮小を繰り返すことで塗料の表面に障害を引き起こします。こうして発生する剥がれやひび割れを凍害と呼び、ひび割れた所から更に雨水が侵入し、最悪倒壊を招くこともあります。
 凍害の他にも、湿気を含むことによりできるカビの発生、カビ発生による鉄部の腐食など全て水分が原因で起こる被害を、塗膜の効果がなくなる前に塗り替えるだけで対策することができます。大切なお家を長く住み心地の良い家にするために塗装は大変重要であると言えます。

塗料を艶有りにした場合何年持つのか。

 艶の状態がどの程度もつのかはメーカーパンフレットの記載によります。ただし、艶有りにした場合でも経年劣化によりだんだんと艶はなくなります。
 艶有りの方が汚れがつきにくいという利点はありますが、お客様の好みと、外観と周囲との調和を考慮しながら決めるのが重要です。

塗装で修復できない状態はどのような状態か。

 素地が欠落している、割れ(凍害、サビ、著しく痛んでる)等があると塗装での修復はとても難しいです。塗ったところで塗装本来の性能を発揮できないため、このような状態の時に塗装を勧める業者さんはまずいないと思います。
 塗装での修復は厳しくても、他の方法で補修できるものはあります。例えば屋根の場合、雪止めは交換することができます。また、コロニアルの割れは一部差し換えたり、シーリング補修したりできます。外壁ですと、窯業系サイディングの場合は張替えができます。しかし、柄が違う・厚みが違う等の問題も起こります。また、パテ等での穴埋めもできますが、こちらも補修跡は目立ってしまう可能性があります。
 上記のように補修できてもそれが目立ってしまうというようなことがありますので、やはりこういう状態になる前に塗装を検討していただき、お家を守っていくことが大切です。

塗料を選ぶポイントは何か。また、有名メーカーを選ばなくていいのか。

※ここでいう大手メーカーさんはエスケー化研、関西ペイント、日本ペイントです
 現状況と素地の状態を考慮して選ぶことが基本です。と言いましても、下地は前述の通り素材によってどれを塗るかは決まっていますので、上塗り材をどういったものにするかということになります。塗料の種類もいくつかあり、遮熱を売りにしているもの、防火性を売りにしているものなど様々です。メーカーも沢山ございますが、塗装業者が使用する塗料はホームセンター等では決して売っていない、高品質のものを使っています。(ホームセンターで売られているものは素人でも扱いやすいもので、手軽にDIYを楽しむことができます。)当社ではKFケミカルさんの塗料を推奨しております。長年職人としてその塗料を扱っておりますが、その品質・実績は自信をもってご提案させていただいてます。もちろんお客様自身がなにを重要とするかを考慮しますので、絶対にこの塗料を!という押し付けは致しません。どの塗料にも特色がありますのでお客様とご一緒に吟味できればと当社では考えております。
 気を付けていただきたいのは、「当社オリジナル」等のうたい文句です。オリジナルなので格安!というのはよくわからない成分が入っている、通常なくてはいけない成分が入っていない又は少ないというのが考えられます。安いというのは魅力的ですが、安さの理由がどういったものなのかを明確に知らないとお客様自身が損をしてしまいます。

初めて塗装する方へ

最初に疑問に思いやすい3つのことにお答えします

最初に疑問に思いやすい3つのことにお答えします

なぜ塗装が必要なのか

 そもそも塗装にはどういった機能があるかご存知でしょうか。美観を保つだけじゃないの?と思ってる方も少なくないと思います。綺麗な外観維持もさることながら、一番重要なのは防水性を保ち湿気から建物を守るためです。屋根や外壁は建てられてからずっと風や雨、直射日光にさらされています。塗装して何十年も経てばそういった自然環境の中で劣化・老朽化し、防水効果が失われていきます。
よく想像する雨漏りというのは、天井からぽたぽた水滴が落ちてきて、床が濡れないように下にバケツを置く光景だと思います。この状態になって初めて「これは大変だぞ!」と思い雨漏り工事やリフォームを検討する方がいらっしゃいます。その状態からの工事は、屋根ですと塗装では修復できず葺き替えをしなければならない場合があります。葺き替えは塗装より費用がかかります。(この時、費用を抑えたいがために塗装でなんとかしようとすると、お客様の熱烈な希望なら…と職人さんは塗ってくれるかもしれないですが、塗装の保ちは通常よりもはるかに悪く、保証がつけられなかったり結局ほんの数年でまた雨漏りが起きて屋根を葺き替えることになり余計に費用がかかってしまった…なんてことにもなりかねません。)「前回の塗装から10年経ったなあ」という方はお家の状態をチェックしてみましょう。(※セルフチェックの方法はこのページの下部でご紹介します)状態が悪いからといってすぐに雨漏りするわけではありませんが、あれ!?と思ったら塗装業者さん等に相談してみましょう。
 建物劣化の原因は水と紫外線です。日々のストレスで塗装の艶がなくなり、防水効果が薄れていきます。そうしますと壁は湿気を帯びて壁自体にゆがみが発生します。そのゆがみが大きくなったり、湿気を含んでは乾くを繰り返したりすると、ヒビやコーキングに亀裂が生じます。ヒビが入ると建物全体の強度が落ちるため、強風で剥がれたり地震で大きく揺れたりして倒壊の危険があります。屋根も同様に、瓦のズレや雨樋の詰まりで雨水が侵入したり、塗膜が剥がれて悪天候で屋根の一部が欠落するとその隙間からも雨水が侵入したりして屋根全体を腐食させ、屋根を支えている木材や鉄筋の強度を弱めます。お家がそんな不安定な状態で地震や大型台風が来たら…と考えただけで不安になると思います。そうならないようにきちんとしたメンテナンスをして快適で安全なお家にする必要があり、そのために塗装が必要ということになります。

どの業者を選べばいいのか

 大手メーカーや工務店、地元の業者など、どこに工事を依頼したらいいのか悩みますよね。それぞれに良い点・不安な点がありますのでまずは比較してみましょう。下記は当社がこれまで見てきたメーカーさん・地元業者さんの違いを挙げてみました。

 良い点不安な点
大手
メーカー
・ブランド力があり、実績も多い。
・長期保証やアフターフォローがしっかりとしている
・パンフレットなどの資料が充実しており、提案力がある
・費用が高い
・中間マージンがかかるため、施工金額が十分でない可能性がある
・どんな業者が来るのか分からない
地元業者 ・メーカーと比べると費用が安い
・自社職人が施工する為、中間マージンがかからない
・打ち合わせ通りの施工ができ、行き違いがない
・トラブルの対応が迅速
・自分で施工業者を選べる
・塗料の品質が高く、良いものを揃えている
・優良業者を探しにくい
・廃業していたら保証期間内でも対応がされない

 こうして比較してみますと、やはりおすすめするのは「地元業者」です。大手メーカーさんですと保証は手厚く安心があるのですが、工事自体は下請業者が行いますので、どうしてもそこに中間マージンが発生し割高な工事費用になります。また、なにか不具合が起きた場合、下請業者は初期の指示通りの作業しかできないため、元請(この場合は大手メーカーさん)に対応してもらわないといけませんが、その対応が遅くなったり対応自体してもらえなかったりする可能性もあります。そして業者さんをお客様側で選ぶことはできません。沢山実績をもつ熟練の職人さんもいれば、そうではない職人もおります。安心してメーカーさんに任せても実際に施工する業者さんは分からない…というのは不安になりませんか?
 代わって地元業者に依頼するとなると、お客様が依頼したい業者を選べます。昨今はインターネットで簡単に数社に見積り依頼ができるサイトも多いですし、専門業者さんもホームページをもつことが増えたので、じっくり閲覧して考えることができます。ただ、どうしても大手メーカーさんより実績数や稼働人員が少ないため、希望通りの日付に施工できなかったり、工期が延びてしまったりすることがあります。しかし、直に職人さんにお願いできるため中間マージンが発生せず、適正価格で施工してもらえることや、地元密着型の地元業者は悪い噂が立てば仕事ができなくなるため、一切手抜き無しの丁寧な仕事をすることに誇りを持っているので安心して工事をお任せすることができます。
どちらにもメリット、デメリットがあるので何をより重要とするか?がポイントになると思います。工事費は決して安い金額ではないので、お願いする会社さんは慎重に選んでいただければと思います。※急かしてくるような会社さんはあまりおすすめしません。

どの塗料を選べば良いのか

 現在はシリコン樹脂塗料が最もスタンダードとなっています。シリコンと言っても1液型、2液型、水性、油性と成分が違うものがあり、それによって単価も変わります。塗料はシリコンの他にはアクリル、ウレタン、フッ素、無機があります。アクリル、ウレタンは非常に価格が安いのですが、耐久性が低いため劣化が早く数年で塗り替えしなければならなくなります。その時かかる費用は安いですが、数年での塗り替えとなると10年以上もつ塗料と比べて費用が割高になります。何度も塗り替えて様々な色を楽しみたい!という方であれば問題ないですが、適度に耐久性があり、適度に安価であるものをお探しの方にはおすすめいたしません。
 なぜ今シリコンが主流かと言いますと、前まではウレタンが一般的だったのですが(値段的な意味が大部分)以前に比べシリコン塗料の価格が下がり、しかもウレタンより耐久性が高いという点が多くの方に選ばれる理由です。しかし、前述の通りシリコンにも種類がありますので、物によって耐久性も価格も変わります。
 耐久性で言いますと、シリコンよりもフッ素、無機塗料のほうが格段に優れており、一度塗装すれば環境にもよりますが数十年は長持ちします。(シリコンが10年とすると、15~20年の耐久性)ビル等でも使用されている塗料であり、一般住宅で塗ってもとても長持ちします。一回塗装をするとなると、その費用は塗料代だけではなく、足場代と人件費その他諸々費用がかかります。高いですが、もちが良い塗料を選ぶとそれだけ次回行う塗装までが長くなるため、こういった塗料代以外にかかる費用も長い目でみますと節約できると思います。もちろん当社ではお客様のお家の状態やご予算に応じて適切なプランをご提案いたします。大切なお客様とお住まいのため誠意をもってご相談にのらせていただきます。

外壁の状態は?! ◇自分でできるセルフチェック◇

 今の外壁の状態はどうなのか?塗り替えが必要なのか、まだ大丈夫なのか?という疑問をセルフチェックで解決できます!まず、分かりやすいのは外壁にひび割れや剥がれが見える場合です。この状態の場合、お客様自身も早めに塗装しないとなあと思っておられると思いますが、正にその通りで早急にメンテナンスの必要があります。ひび割れから雨水が侵入、浸透してしまい雨漏りの原因となるためです。そうなる前に状態を確認することが大事なのですが、その確認方法が「チョーキング現象」です。

※チョーキング現象とは?
白亜化現象とも言います。塗膜の劣化現象のひとつで、経年劣化により塗膜内にある樹脂の結合力が低下することにより、塗膜の中にある白色顔料が塗膜の表面から粉のように消耗していく現象のことです。

 この現象は手で触れてみるとすぐ分かるのですが、白い粉状のもの(チョークの粉に似ている)が手に付着します。ただし、外壁の色が暗めのカラーですと、白ではない場合があります。(黒や茶色など)その外壁の色と似たような色の粉状のものであればそれはチョーキング現象と言えます。

チョーキング現象

 また、この現象は塗膜劣化の比較的早い段階の現象で、このチョーキングを放っておくと外壁塗膜にヒビが生じてしまい、前述の通り壁自体にもヒビが発生してしまいます。チョーキング現象の確認ができたらすぐにメンテナンスを検討して早めに施工をお願いしましょう。余計なダメージ(ひび割れや外壁の剥がれ)を生まずに済むことにより費用も抑えられます。

 チョーキングや外壁のひび割れ、はがれの他に見る場所は、コーキング(シーリングとも言います)の状態です。シーリングも半永久的にもつものではなく打替え・増し打ちをしなければならないもので、環境により状態は変わるのですが大体10年ほどの寿命です。そのためよく見てみると外壁から離れて隙間ができていたり、シーリング材の真ん中が裂けていたり、もはや一部欠落しているといった状態になっていることもあります。このような状態になっていたら、塗装も同じように劣化している場合がありますのでメンテナンスの検討をしたほうが良いです。(必ずしも塗装も劣化している訳ではないので、まずはチョーキング現象が起きていないか確認してみましょう。)

チョーキング現象

よくある質問

お客様よりいただいたご質問を回答と共にご紹介します

見積りは無料なの?
完全無料です!
お客様のお家を隅々まで調査してから、お客様に合った最適なプラン(お見積書)をご提案いたします。
見積り後の営業電話がしつこそうで怖いのですが…
当社では無理な営業は行いません!
お客様より「検討する」という旨のお話しをいただいた際は、その後いかがでしょうか?といった確認のご連絡を行う場合がございますが、「施工しない」となった場合はそれ以上追及することはございません。
見積りをお願いしたら、施工も必ずその会社にお願いしないといけないの?
そんなことはございません!
数社より見積りを取得している場合はじっくりと比較・検討していただき、ここだ!と思う業者さんに依頼してください。残念ながらお断りされた場合でも、しつこくお電話やどうしても当社に!というやり方はいたしません。安心してお電話ください。
キャンペーンとかありますか?
行っている場合もあります!
現在HPへの掲載は準備中です。更新までしばらくお待ちくださいませ。
保証はありますか?
保証ございます!(屋根・外壁塗装のみ)
塗料により保証年数が変わります。お見積りの際、使用塗料の保証年数について担当よりご説明いたします。
対応可能な施工エリアはどこですか?
宮城県全域と福島県・山形県となります!
福島県・山形県ですと全地域ご対応したい気持ちではあるのですが、遠方のためすぐに駆け付けることができないという点で、大変勝手ながら宮城県に隣接する市町村のみの対応とさせていただきます。
 ※ご対応可能な場合もございます。お電話・メールにてお問い合わせくださいませ。
ローンを組むことはできますか?
可能です!
当社では銀行様と数社のローン会社様と提携しており、お客様のご要望に合わせてご提案させていただきます。信販会社の審査をクリアした企業のみリフォームローンの取り扱いが可能となりますので、リフォームローン取り扱いは信頼の証のひとつとなります。ぜひご相談くださいませ。
また、住宅ローンの借り換えで金利を削減できる場合、現金負担ゼロ円でリフォームができる「スマートリノベーション」という制度も備えております。こちら詳しくはHPトップ画面下部にご紹介がございますのでクリックしてご覧くださいませ。
塗装中の塗料の臭いは気になる?
多少シンナーの臭いがします。
ほとんどが溶剤の塗料ですのでやはりある程度臭いがします。お申し付けいただければ窓を開ける等の処置対応いたしますのでお声がけくださいませ。
塗装前にご近所様に挨拶まわりはしてくれるの?
もちろん行います!
どのような工事なのか、工事期間はどのくらいなのか、といった内容の書面を直接お渡ししてご挨拶に伺います。お客様ご自身で行う必要はございませんのでご安心してお任せください。
工事期間はどのくらいかかるの?
天候や各お家の状態によりますがおよそ2週間です!
雨天が多かったり、お家の傷みが激しく念入りに作業したりしますとそれ以上かかってしまう場合がございます。その際はご迷惑をお掛け致しますが完工までお待ちいただきますようお願い申し上げます。