初めて塗装する方へ

アイコン画像初めて塗装する方へアイコン画像

最初に疑問に思いやすい
3つのことにお答えします
人物イラスト 人物イラスト
1

どうして塗装が
必要なの?

2

どこに工事を依頼すればいいの?

3

どの塗料が
おすすめなの?

1

どうして塗装が
必要なの?

三角形 \ 湿気から建物を
守るためです
/
2

どこに工事を依頼すればいいの?

三角形 \ 地元業者が
おすすめです
/
3

どの塗料が
おすすめなの?

三角形 \ シリコン以上が
おすすめです
/
三角形 \ 湿気から建物を
守るためです
/
三角形 \ 地元業者が
おすすめです
/
三角形 \ シリコン以上が
おすすめです
/
三角形 住宅イラスト
人物イラスト 人物イラスト 旗イラスト

なぜ塗装が必要なのか

そもそも塗装にはどういった機能があるかご存知でしょうか。美観を保つだけじゃないの?と思ってる方も少なくないと思います。
綺麗な外観維持もさることながら、一番重要なのは防水性を保ち湿気から建物を守るためです。

屋根や外壁は建てられてからずっと風や雨、直射日光にさらされています。塗装して何十年も経てばそういった自然環境の中で劣化・老朽化し、防水効果が失われていきます。

よく想像する雨漏りというのは、天井からぽたぽた水滴が落ちてきて、床が濡れないように下にバケツを置く光景だと思います。
この状態になって初めて「これは大変だぞ!」と思い雨漏り工事やリフォームを検討する方がいらっしゃいます。
その状態からの工事は、屋根ですと塗装では修復できず葺き替えをしなければならない場合があります。
葺き替えは塗装より費用がかかります(この時、費用を抑えたいがために塗装でなんとかしようとすると、お客様の熱烈な希望なら…と職人さんは塗ってくれるかもしれないですが、塗装の保ちは通常よりもはるかに悪く、保証がつけられなかったり結局ほんの数年でまた雨漏りが起きて屋根を葺き替えることになり余計に費用がかかってしまった…なんてことにもなりかねません。)。

「前回の塗装から10年経ったなあ」という方はお家の状態をチェックしてみましょう(セルフチェックの方法 はこのページの下部でご紹介します)。
状態が悪いからといってすぐに雨漏りするわけではありませんが、あれ!?と思ったら塗装業者さん等に相談してみましょう。

建物劣化の原因は水と紫外線です。日々のストレスで塗装の艶がなくなり、防水効果が薄れていきます。
そうしますと壁は湿気を帯びて壁自体にゆがみが発生します。
そのゆがみが大きくなったり、湿気を含んでは乾くを繰り返したりすると、ヒビやコーキングに亀裂が生じます。
ヒビが入ると建物全体の強度が落ちるため、強風で剥がれたり地震で大きく揺れたりして倒壊の危険があります。
屋根も同様に、瓦のズレや雨樋の詰まりで雨水が侵入したり、塗膜が剥がれて悪天候で屋根の一部が欠落するとその隙間からも雨水が侵入したりして屋根全体を腐食させ、屋根を支えている木材や鉄筋の強度を弱めます。

お家がそんな不安定な状態で地震や大型台風が来たら…と考えただけで不安になると思います。
そうならないようにきちんとしたメンテナンスをして快適で安全なお家にする必要があり、そのために塗装が必要ということになります。

メンテナンス メンテナンス
家と家族のイラスト 旗イラスト

どの業者を選べばいいのか

家と家族のイラスト

大手メーカーや工務店、地元の業者など、どこに工事を依頼したらいいのか悩みますよね。それぞれに良い点・不安な点がありますのでまずは比較してみましょう。下記は当社がこれまで見てきたメーカーさん・地元業者さんの違いを挙げてみました。

大手メーカー
良い点
  • ・ブランド力があり、実績も多い
  • ・長期保証やアフターフォローがしっかりとしている
  • ・パンフレットなどの資料が充実しており、提案力がある
不安な点
  • ・費用が高い
  • ・中間マージンがかかるため、施工金額が十分でない可能性がある
  • ・どんな業者が来るのか分からない
地元業者
良い点
  • ・メーカーと比べると費用が安い
  • ・自社職人が施工する為、中間マージンがかからない
  • ・打ち合わせ通りの施工ができ、行き違いがない
  • ・トラブルの対応が迅速
  • ・自分で施工業者を選べる
  • ・塗料の品質が高く、良いものを揃えている
不安な点
  • ・優良業者を探しにくい
  • ・廃業していたら保証期間内でも対応がされない

こうして比較してみますと、やはりおすすめするのは「地元業者」です。大手メーカーさんですと保証は手厚く安心があるのですが、工事自体は下請業者が行いますので、どうしてもそこに中間マージンが発生し割高な工事費用になります。
また、なにか不具合が起きた場合、下請業者は初期の指示通りの作業しかできないため、元請(この場合は大手メーカーさん)に対応してもらわないといけませんが、その対応が遅くなったり対応自体してもらえなかったりする可能性もあります。
そして業者さんをお客様側で選ぶことはできません。沢山実績をもつ熟練の職人さんもいれば、そうではない職人もおります。
安心してメーカーさんに任せても実際に施工する業者さんは分からない…というのは不安になりませんか?

代わって地元業者に依頼するとなると、お客様が依頼したい業者を選べます。
昨今はインターネットで簡単に数社に見積り依頼ができるサイトも多いですし、専門業者さんもホームページをもつことが増えたので、じっくり閲覧して考えることができます。
ただ、どうしても大手メーカーさんより実績数や稼働人員が少ないため、希望通りの日付に施工できなかったり、工期が延びてしまったりすることがあります。
しかし、直に職人さんにお願いできるため中間マージンが発生せず、適正価格で施工してもらえることや、地元密着型の地元業者は悪い噂が立てば仕事ができなくなるため、一切手抜き無しの丁寧な仕事をすることに誇りを持っているので安心して工事をお任せすることができます。

どちらにもメリット、デメリットがあるので何をより重要とするか?がポイントになると思います。
工事費は決して安い金額ではないので、お願いする会社さんは慎重に選んでいただければと思います。
急かしてくるような会社さんはあまりおすすめしません。

作業 作業
家と家族のイラスト 旗のイラスト

どの塗料を選べばいいのか

家と家族のイラスト

現在はシリコン樹脂塗料が最もスタンダードとなっています。シリコンと言っても1液型、2液型、水性、油性と成分が違うものがあり、それによって単価も変わります。塗料はシリコンの他にはアクリル、ウレタン、フッ素、無機があります。アクリル、ウレタンは非常に価格が安いのですが、耐久性が低いため劣化が早く数年で塗り替えしなければならなくなります。その時かかる費用は安いですが、数年での塗り替えとなると10年以上もつ塗料と比べて費用が割高になります。
何度も塗り替えて様々な色を楽しみたい!という方であれば問題ないですが、適度に耐久性があり、適度に安価であるものをお探しの方にはおすすめいたしません。

なぜ今シリコンが主流かと言いますと、前まではウレタンが一般的だったのですが(値段的な意味が大部分)以前に比べシリコン塗料の価格が下がり、しかもウレタンより耐久性が高いという点が多くの方に選ばれる理由です。
しかし、前述の通りシリコンにも種類がありますので、物によって耐久性も価格も変わります。

耐久性で言いますと、シリコンよりもフッ素、無機塗料のほうが格段に優れており、一度塗装すれば環境にもよりますが数十年は長持ちします(シリコンが10年とすると、15~20年の耐久性)。ビル等でも使用されている塗料であり、一般住宅で塗ってもとても長持ちします。一回塗装をするとなると、その費用は塗料代だけではなく、足場代と人件費その他諸々費用がかかります。高いですが、もちが良い塗料を選ぶとそれだけ次回行う塗装までが長くなるため、こういった塗料代以外にかかる費用も長い目でみますと節約できると思います。

もちろん当社ではお客様のお家の状態やご予算に応じて適切なプランをご提案いたします。
大切なお客様とお住まいのため誠意をもってご相談にのらせていただきます。

作業写真 作業写真
家と家族のイラスト 旗イラスト

外壁の状態は?!
自分でできるセルフチェック

家と家族のイラスト

今の外壁の状態はどうなのか?塗り替えが必要なのか、まだ大丈夫なのか?という疑問をセルフチェックで解決できます!
まず、分かりやすいのは外壁にひび割れや剥がれが見える場合です。この状態の場合、お客様自身も早めに塗装しないとなあと思っておられると思いますが、正にその通りで早急にメンテナンスの必要があります。ひび割れから雨水が侵入、浸透してしまい雨漏りの原因となるためです。そうなる前に状態を確認することが大事なのですが、その確認方法が「チョーキング現象」です。

チョーキング現象とは?
白亜化現象とも言います。塗膜の劣化現象のひとつで、経年劣化により塗膜内にある樹脂の結合力が低下することにより、塗膜の中にある白色顔料が塗膜の表面から粉のように消耗していく現象のことです。

この現象は手で触れてみるとすぐ分かるのですが、白い粉状のもの
(チョークの粉に似ている)が手に付着します。

ただし、外壁の色が暗めのカラーですと、白ではない場合があります。
(黒や茶色など)その外壁の色と似たような色の粉状のものであればそれはチョーキング現象と言えます。

チョーキング現象 チョーキング現象

 また、この現象は塗膜劣化の比較的早い段階の現象で、このチョーキングを放っておくと外壁塗膜にヒビが生じてしまい、前述の通り壁自体にもヒビが発生してしまいます。チョーキング現象の確認ができたらすぐにメンテナンスを検討して早めに施工をお願いしましょう。余計なダメージ(ひび割れや外壁の剥がれ)を生まずに済むことにより費用も抑えられます。

チョーキングや外壁のひび割れ、はがれの他に見る場所は、コーキング(シーリングとも言います)の状態です。

シーリングも半永久的にもつものではなく打替え・増し打ちをしなければならないもので、環境により状態は変わるのですが大体10年ほどの寿命です。そのためよく見てみると外壁から離れて隙間ができていたり、シーリング材の真ん中が裂けていたり、もはや一部欠落しているといった状態になっていることもあります。

壁のひび割れ 壁のひび割れ

このような状態になっていたら、塗装も同じように劣化している場合がありますのでメンテナンスの検討をしたほうが良いです(必ずしも塗装も劣化している訳ではないので、まずはチョーキング現象が起きていないか確認してみましょう) 。

メンテナンス メンテナンス
作業風景
作業風景
作業風景